GINSODA SOLO EXHIBITION - NOTE -

2020年10月27日(火)~11月1日(日)

Greeting

キャンバスに絵具を日々重ねていくことで、時間や記憶が可視化され「なにか」が創造される。人生において積み重ねてきたものを作品を通して見つめ直すことも面白いのではないかと思う。

 

様々な時系列で制作した抽象作品を発表する。

​Profile

銀ソーダ

Ginsoda

1995

  • 福岡県福岡市生まれ

2018

  • 九州産業大学 芸術学部デザイン学科 ビジュアルアート領域 卒業

 

[個展]

2020

  • INTERART7セレクション「DIARY」/ Gallery TK2 (東京)

  • 「MEMORY」/ 大學湯 (福岡)

  • INTERART7セレクション「TODAY」/ Gallery TK2 (東京)

2019

  • 「ACCUMULATION」/ 大學湯 (福岡)

  • 「REALIZE」/ Gallery Enlace (福岡)

  • INTERART7セレクション「LAST HEISEI –記憶の標本箱- NEXT HEISEI」/ space2*3,TK GALLERY (東京)

2018

  • INTERART7セレクション「fragment」/ space2*3 (東京)

[グループ展]

2020

  • 「ニュースターアートコレクション」/ 松坂屋名古屋店 (愛知)

2019

  • 「ウムQ2019 九州産業大学芸術学部作品展」/ 上野の森美術館 別館ギャラリー (東京)

  • 「GALLERY ART POINT EXHIBITION in Paris」/ galerie metanoia (パリ)

  • 「ART POINT Selection Ⅱ」/ GALLERY ART POINT (東京)

2018

  • 「九州産業大学 芸術学部卒業制作選抜展2018」/ 福岡アジア美術館 (福岡)

 

[アートフェア]

2020

  • 「3331 ART FAIR 2020」/ GALLERY ART POINT・3331 Arts Chiyoda (東京)

2019

  • 「ART FAIR ASIA FUKUOKA 2019」/ GALLERY龍屋・ホテルオークラ福岡 (福岡)

  • 「ART FORMOSA 2019」/ AN INC. & INTERART7 ・Eslite hotel (台湾・台北)

[受賞歴]

2018

  • 「九州産業大学 芸術学部卒業制作作品展」デザイン学科 優秀賞

時や経験を積み重ねて生きる人間の姿に美しさを感じる。そこから、目に見えない人間模様を可視化させてみたいと思った。限りある命や時が経てば曖昧になっていく記憶を「氷」、過去の経験や周りの環境を「液体」に見たて、モチーフとして使用している。様々なものが混ざり合い、時の積み重ねによって生まれる美しさを主にアクリル絵具やメディウムを用いて表現している。

 

I often see beauty in the way people live by accumulating time and experience. I wanted to create works that visualize this pattern of human life. I have two motifs in my work – ice and liquid. Ice symbolizes our limited time and lifespan with memories that gradually become obscure. Liquid represents the environment and past experiences. Beauty comes from the mixture of various aspects and the accumulation of time. I express this in acrylic paint and medium.

Details

タイトル

会 期

時 間

入場料

GINSODA SOLO EXHIBITION - NOTE -

2020年10月27日(火)~11月1日(日)

11:00~19:00 ※最終日17:00まで

無料

Copyright © 2020 gallery & cafe Soranoiro Allrights Reserved.

  • Black Instagram Icon
soranoiro_logo.png